GTO 5話の感想とあらすじ 伊藤沙莉の声が個性的!演技上手すぎでいじめ役が怖い!

Sponsored Link

8月05日放送のGTO 5話の感想とあらすじです。

 

智美(宮武美桜)と加奈子(伊藤沙莉)がエアガンで打ち抜かれた写真が見つかって、二人は沼尻(武井証)だと決め付けて、彼の愛用するエアガンを壊してしまいます。沼尻は大切なものを壊されて、仕返しをすると憤慨し、それをなだめるつぐみ(小芝風花)。彼女は大前(風見しんご)に相談します。(この智美と加奈子のペアって、1話でもいじめていました。いじめキャラがぴったり!)

 

その結果、智美や加奈子は、沼尻に謝罪させられてしまい、更には大前が大学推薦が出来ないなどと言われ、彼女たちの標的はつぐみになってしまいます。彼女たちは、クラス劇をシンデレラに提案し、さらに主役のシンデレラをつぐみにして推し進めます。智美と加奈子は、いじめ役の母や姉役を買ってでて、練習と称し、つぐみを突き飛ばしたり・・・と陰湿ないじめをはじめます。

(こんないじめをしている彼女たちでも、大学には行きたいんですね~。そして、いじめ、酷かったです。床に落ちた食べ物を食べさせようとしたり・・・。)

 

この状況に気付いた鬼塚は、つぐみに事情を聞くが、つぐみは否定してます。困った鬼塚は理事長と話をしているうちに、良い案が閃き実行に移します。ひどいいじめが行われいる劇の練習場所に鬼塚が乱入し、いじめの劇を中断させ、鬼塚脚色、演出で練習を進める!と宣言し、智美や加奈子を椅子に座らせ、沼尻がエアガンをうち、彼女たちが悲鳴を上げました。

(す、すごい。鬼塚。これくらいやらないとわからないのかもしれません。)

 

つぐみがいじめに耐えてきた理由・・・それは自分が逃げたら沼尻やのぞみ、他の生徒が標的になるから、それはさせたくない・・・といじめに耐えていました。そして、劇を成功させたいという思いが彼女の力になっていたことを話します。クラスメイトの協力もあり、智美や加奈子も反省します。

(結局、つぐみがいじめられなくなったとしても、智美や加奈子のような生徒は誰かをいじめるのかもしれません。)

 

そして、演劇祭の当日、新しい配役でつぐみが中心になり、劇を成功させることが出来ました。

翌日、宮地からメモを渡されて見ると「3Fへ」と書いてあり、行ってみると生徒全員のそれぞれの写真がエアガンで打ち抜かれていました。(え!宮地がエアガンで打っているシーンがありました。可愛い顔して、実は一番こわいかも!)

 

そのころ、あゆなはついに、葛木に妊娠を告げます。

(あ~、葛木は固まってました。)

 

伊藤沙莉さん、目立ちます。まず、声が個性的なので印象に残りますし、そして、何より演技が上手い!上手すぎて、いじめが本当に怖いです。自然な感じの演技なので、とてもリアルで彼女の演技力の高さを感じます。女王の教室にも出演されていて、やはり演技には定評があるようですね。なるほど~。納得。彼女のいじめは怖いけど、もうちょっと見たい気がします。

Sponsored Link

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ