昼顔 5話の感想とあらすじ 悪女でも可愛い上戸彩!斉藤工はエロカッコいい!と話題!

Sponsored Link

8月14日放送の昼顔 5話の感想とあらすじです。

 

紗和と裕一郎はホテルにいました。そして、二人は結ばれてしまいます。眠っていると、紗和に利佳子の夫から、利佳子に連絡がとれないと電話がありました。心配した紗和は、裕一郎と別れて、利佳子のいるホテルに向かいました。ロビーにいると、修も駆けつけ、二人で部屋へ上がりました。(この二人、早っ!もう寝ちゃったのか!)

 

修に殴りかかろうとする友や智也でしたが、ことごとく修にやり返されてしまい、ついには泣き出してしまいました。慰める紗和。そして、彼は走って逃げてしまいました。ロビーに夫がいると修から聞かされた利佳子は、二人でこのホテルにケーキバイキングにきたことにして、携帯を無くして探しているうちにはぐれたことにしよう・・・というこになりました。

(修はけんかも強いんですね。まあ、あの肉体美だからけんかも強そう。そして、紗和と利佳子の言い訳がかなり無理がありますが、ま、いっか。)

 

結局、夫の前で芝居して、紗和の夫も含めて、利佳子の家に行って食事することになりました。

 

数日後、利佳子の夫が、紗和の夫の会社にきて、会社の女性と紗和の夫を花火大会に誘いました。そして、利佳子には自分が子供を連れて行くから、久々にゆっくり友達と食事でもしたらどうか?と提案しました。もちろん、利佳子はOKし、さっそく修に連絡を取ります。紗和も土曜に会えるかどうか、裕一郎にメールしますが、彼から返事が来ません。

(この夫、かなり利佳子のことを怪しんでいて、、なんかたくらんでいます。)

 

当日、裕一郎から連絡がない紗和はあきらめて一人でケーキバイキングに行くつもりでした。利佳子を迎えにいき、彼女にメールの返事がないと相談すると電話してみればいいといわれ、紗和は電話をします。裕一郎は、会いたいけど迷っていたと言い、結局、動物園で待ち合わせします。

(裕一郎もまじめなんですね。しかし、利佳子、修に会うために一生懸命家事をしていました。可愛い!)

 

利佳子に送ってもらって、動物園で待つ紗和。彼女を下ろしたあとに、利佳子は自分の車に発信機があるのに気付きました。利佳子はカムフラージュのためにホテルに行き、そのあと修との待ち合わせ場所に行きます。(利佳子もなかなかやりますね~。しかし、修に会うために手作りのパンをバスケットに入れて持っていくところが、なんか素敵!)

 

悪女になった上戸彩さんですが、やっぱり可愛いことは変わりないですね。彼女は本当に好感度高いですから、悪女でも好感もててしまいますよね!そして、エロかっこいいと話題なのは、斉藤工さんですね。まじめそうな先生が不倫をしてしまうというタブーな感じが、余計ひきつけてしまいますが、紗和と裕一郎、もう少し引っ張るかな~と思ったけど、あっというまに結ばれてしまって、ちょっと驚きですが、これからどんどんのめり込んでいくのか楽しみですね。

Sponsored Link

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ