GTO 8話の感想とあらすじ 竜星涼がかっこよくて、演技上手すぎ~!!

Sponsored Link

8月26日放送のGTO 8話の感想とあらすじです。

 

バスケの練習中に激しい頭痛に襲われて病院に入院した芹澤。慢性硬膜下血腫と言われて、命には別状はなく、大事には至らなかったので、一安心する鬼塚とほなみ。本人も、少し左が麻痺するものの、動くため無理をして学校に行ったり、バスケの様子を見に行ったりと、早く元に戻れるように気持ちばかり焦ります。(気持ちばかり焦る気持ちは分かりますが、ちょっと焦りすぎですね。)

 

無理をして再開したバスケの練習ですが、心配する鬼塚を心配させまいと激しくう動いて転倒してしまい頭を打ってしまいます。病院に運ばれた芹澤は、今度こそ脳にダメージを受け、左半身が麻痺してしまいます。そして、歩くことが出来ない体になってしまい、自暴自棄になる芹澤。お見舞いにきた仲間にも当たりちらしてしまいます。(これは、本人も悔しいでしょう。周りから焦るなとと散々言われてきて、それでも自分の意思で無理してしまった結果が麻痺になってしまって・・・・。やっぱり、大人の言うことは聞いたほうがいいですよね。悔やまれます。)

 

芹澤は、病院の屋上で、上手く動けない体を引きずりながら、フェンスを登り自殺しようとしていましたが、鬼塚とほなみに止められてしまいます。鬼塚は、芹澤を病院から連れ出して、車椅子バスケの試合に彼を連れて行きました。はじめは嫌がる芹澤でしたが、中に混じってプレーしてみると、なかなかボールを奪うことも出来ず、車椅子から落ちてしまいます。助けようとしたほなみを鬼塚が制し、芹澤は自力で車椅子に座ることができ、周りから拍手が沸き起こりました。

(車椅子から落ちて自分で、立つシーンはぐっと来ました。演技が上手いです。)

 

芹澤の抜けてしまったバスケ部は、プレーが上手くまとまらず、険悪なムードで、衝突ばかりしていました。そんなとき、マネージャーの古谷が芹澤がプレーする車椅子バスケの場所へ部員たちを連れて行きました。生き生きとプレイし、自分の場所を見つけた芹澤を目の当たりにして、焦った部員たちは、直ぐに戻って練習を始めます。(芹澤一人が抜けたことで、チームがまとまらないって・・・一体どうなんだろう・・・。バスケはチームプレイだから、一人抜けても強いチームは強いと思うんですが。)

 

全国大会の予選で、強豪チームに負けそうになっているバスケ部。そこへ、髪を切った芹澤が鬼塚に連れられてやってきました。そして、激しく、的確なゲキを飛ばす芹澤に勇気づけられて、逆転勝ちを掴むことが出来ました。(あ、髪切ってもかっこいいけど、長いほうが素敵!)

 

 

竜星涼くんがかっこいいですね。しかも、演技が上手い!自殺のシーンなんかは、麻痺がある体を演じていたんですが、本当に上手いです。車椅子から落ちて自力で座るシーンなんかは、表情が真に迫るものがありました。す、すばらしい。彼の経歴を見てみると、まだまだ主役級の俳優さんではないようなので、これでかなり注目を浴びるのかと、、、、勝手に思っていますが、どうでしょうか。あと、あと、あ~彼はGTOに出てたんだ~なんて話題になる日がくるような気がします。

Sponsored Link

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ