ほっとけない魔女たち 1話の感想とあらすじ 豪華昼ドラ!VS嵐の釈由美子のスキップが話題!

Sponsored Link

9月1日放送のほっとけない魔女たち 1話の感想とあらすじです。

 

有沢夏江(浅野ゆう子)はイタリアンレストランのオーナー。お店は繁盛して、忙しい毎日を送っています。そこへ、突然疎遠だった姉、春子(室井滋)から電話が入りますが、お店が忙しく電話に出ませんでした。(夏江と春子は姉妹だけど、仲が悪いようです。そして、お店のシェフは三宅健さんです。)

 

妹の秋代(松本明子)や冬美(釈由美子)と連絡をとると彼女たちにも春子から連絡があり、明日、春子のことろに来て欲しいということでした。夏江も春子に連絡して、結局翌日行くことになりました。

(釈さん、細い~!そして、松本さんは花子とアンのおばさんのイメージが・・・。)

 

翌日、秋代、冬美と春子の家に行った3人は、彼女の家の大きさに圧倒されてしまいます。IT企業の社長として名をはせる春子と、夏江は折り合いが悪く家に来たこともありませんでした。

(春子の家、お城???すご~い!)

 

中へ通されると、執事が対応し、その執事をみて夏江は驚きます。昔父の工場で働いていた桑原(渡辺哲)でした。

 

春子がやってきて、3人に今一番したいことは?と訪ね、それぞれ答える冬美と秋代。夏江は答えず、本題を話して欲しいと春子にせっつきます。春子は自分は病気であと半年の命。残りの時間、自分が一番何がしたいか、を考えたら答えが分かった。自分が一番したいことは、キャッツアイやチャーリーズエンジェルのように女子力を使って姉妹で世直しをしたいと言いだしました。

(最後に春子のしたいことを聞いたとき、はあ?って感じでしたけど、なんか、ばかばかしくて、この先どうなるんだろう?と妙に気になるドラマです。明日も見よ~っと。)

 

釈さん、スキップが話題になっていましたね。VS嵐に出演した際のスキップがとてつもなく残念だったということですね。ご本人もブログで、スキップが下手だと話題になっていたから、練習したと写真を公開されていました!!このドラマでスキップ見れたらいいですね。

Sponsored Link

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ