ほっとけない魔女たち 2話の感想とあらすじ 釈由美子の背中が綺麗!

Sponsored Link

9月2日放送のほっとけない魔女たち 2話の感想とあらすじです。

 

春子は、4人がキャッツアイやチャーリーズエンジェルになりきれる衣装まで用意していました。見事な衣装に、着てみたいと本音を漏らす秋代。結局、嫌がる夏江まで衣装を着ることに。

気分が乗ってきた春子も衣装を着てポーズをとりました。(なんやかんや言っても結局3人とも楽しんでいましたね!釈由美子さん、スタイルいいですね~背中も凄く綺麗だった!)

 

お店に戻った夏江。今日はお店が暇で、店の前に出てみると、常連さんがいたので声をかけてみると、近くにできたイタリアンレストランに行く途中だと言います。さっそく、ネットで調べて。マモルと二人で行ってみると、そこはまるでホストクラブ。(やっぱり、最近はネットでの口コミって重要なんですね。お店の人も実はチェックしているんですね。)

 

豪華なインテリアの店内はイケメンのスタッフばかりで、お客は女性ばかり。さっそく料理を注文してみると、盛り付けと雰囲気でごまかされた料理ばかりで、全く美味しくありません。けれど、女性客は、イケメンが接客してくれて笑顔で帰っていきます。(ですよね~。イケメンの接客されると何故か食事の採点は甘くなってしまいます。)

 

納得いかないマモルは、店を飛び出してしまいました。店に戻ってネットを見ると、やっぱりその店は高い評価ばかりで納得いきません。マモルの店を見てみると昨日まで高い評価だったのに、今日は下がっていました。

 

そして、ネットにはこんなものが料理に入っていたと写真がアップされていました。その写真に写りこんだ手を見てみると指輪がはめてあり、さっき行ったレストランのオーナーの手元でした。それを発見した夏江はレストランに乗り込みます。(あ、なんか明日面白そう。なんか、内容よりもキャストが豪華なのでついつい見てしまうドラマです。)

 

釈由美子さんの背中がつるつるで綺麗でしたね~。彼女は激やせとか、整形とかネットで騒がれていますが、背中はとにかく綺麗で、一般人とは違います。やっぱり、お手入れがいいんですね。

細いけど、激やせほどではなかったし、釈さんはやっぱり、可愛いですね。

Sponsored Link

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ