S最後の警官 3話の感想とあらすじ 土屋アンナの演技が下手という噂は真実?

Sponsored Link

1月26日放送のS最後の警官、3話の感想です。

今週はいいところで、終わってしまいました。今週は事件がなくて、ちょっと物足りなかったですが、最後に事件を持ってきましたね!

 

NPSとSATは、合同訓練をします。かなり、本格的な訓練で、それぞれ別れて、スタートし、山中の家の人質を救出し、ゴールを目指すというものでした。

(ことごとく対立するSATとNPSですね。でも、どこの会社でも仲の悪い部署ってありますよね。)

 

森の中をすすみ、家に到着、家の中の犯人を確保し、人質を救出ひます。この人質が、丸太を人質に見立ててあり、隊員がそれぞれ丸太を担いでゴールを目指します。

途中嵐になり、雨中をゴールを目指しますが、SATが少し先を進んでいます。SAT の一人が、足を踏み外し、斜面に落ちてしまい、倒れた木に挟まれて、身動きが取れなくなりました。

SATの一人が助けようとしますが、命の危険はないと判断し、置き去りにして任務を遂行することにします。SATが先にゴールしますが、僅かに遅れてきたNPSの御蔵 一號は、SATの怪我した隊員を背負ってきました。

(御蔵 一號が丸太とSATの隊員を背負ってくるなんて、ちょっと漫画っぽいなあ・・・と思ったけど、NPSまでSATの一人を置き去りにしたらお話にならないですよね!)

 

横川は翌日の合同訓練に参加するため、訓練場所に向かっていますが、途中で拉致されてしまいます。

目を覚ましたその場所には正木圭吾(オダギリジョー)がいます。訓練だと思い込んでいる横川に、正木が殴る蹴るの暴行をします。

横川が拉致されたことを合同訓練中の本部にも知らされたところで、終わりました。

(この場面、横川に正木がとび蹴りをしたりするんですが、やっぱり女性に暴力はいけないです。見ていても痛々しかったです。それにも、関わらず訓練かもと思っている横川が気の毒でした。)

 

やっとオダギリジョーさん、出てきました!いつ、出るんだろう?と思っていたんですが、3話でしたね。オダキリジョーさん、テロの役なんでしょうけど、なんか悪いイメージないですね。でも、演技派ピカイチでした。さすがです。

 

土屋アンナの演技?

2chでも土屋アンナさんの演技が棒読みで話題になってました。さらに、役柄柄的に知的なイメージなのに、ちょっと違う・・・なんてコメントもありましたね。

確かに演技は、微妙ですが、強烈なキャラ・・・という意味では確かに強烈なキャラですね!

 

スイーツ

警視庁の天城光が食べるスイーツ!今回はスコーンでした。いちごジャム?がたっぷりな感じのおいしそうなスコーン!!

来週は何でしょうね!

 

Mの正体

1話、2話と武器を流しているのはMという人物ということが、分かっていますので、これはまさに正木圭吾のM!!でしょうね。

来週からはオダギリジョーさんも加わり、横川が拉致されたところから始まりますので、とっても面白そうです。期待してます。

Sponsored Link

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ